雑談slackに入り浸る

昼間に雑談をするためだけの雑談slackのことや、私の思うことなどを書きます。

中華の銃のおもちゃを買いました

アップロードが遅れて申し訳ありません。
この記事は「雑談Slack Advent Calendar 2021」2日目の記事です。
昨日は私の1日目の開始記事でした。

 

ある日、雑談Slackのお絵描きを司る #oekaki チャンネルで、ハンドガンの資料をどうするかという話題が出ました。モデルガンとエアソフトガンの違いについてなどを話しました。
そこで私はAmazonにてこの商品を見つけ、購入しました。

www.amazon.co.jp

3900円だったのですが、1200円台のものもあった模様。
GLOCK21タイプとM1911タイプの二種類あります。

購入した商品はGLOCK21タイプなので見ていきましょう。写真です。

 

f:id:samezi:20211209122243p:plain

これは後から収め直した写真です。なお、取扱説明書はついていません。

f:id:samezi:20211209124936p:plain

薬莢パーツはランナーで繋がっています。

手でもげますが、ニッパーを使うほうが薬室内で詰まりにくい…かも。

 

付属品一覧です。弾丸、ガンケース、弾倉が付属します。レビューでも述べられていますが、このバージョンは弾倉は2つと販売サイトにありますが3つ付属します。

f:id:samezi:20211209145846p:plain

排莢はタニオアクションと呼ばれる仕組みで行われます。引き金を引く力とバネによってスライドを前後させ、薬莢を排出する仕組みです。動画を撮ってみたので最後にどうぞ。

 

以上です。

明日はごっちさんのSlackに登録されているemojiでガチャするになります。

このアドベントカレンダーを開催している雑談Slack、招待リンクを用意したので是非ご参加ください。

scrapbox.io

2021年雑談Slackアドベントカレンダー1日目:人数…?

こんにちは。アドベントカレンダー専用ブログとなってきました。
この記事は「雑談Slack Advent Calendar 2021」1日目の記事です。
今年もアドベントカレンダー用の記事を書き続けます。

 

この間、GCPで動いてるVMをリスタートしたら雑談SlackのサーバのSlackinによる招待サービスが止まってしまいました。今復旧中です。なぜかリダイレクトしてくれない…

 

サーバ内では動いているのでCurlで確認はできています。
f:id:samezi:20211201172150p:plain

 

f:id:samezi:20211201172315p:plain

多分957名います。もう少しで1000人に届きそうですね。毎年このアドベントカレンダーで興味を持ってもらった方たちの増加人数を数えるのが恒例行事になっています。もっとやることはないのか。

このリンクの他にSlack組み込みの招待リンクもありますので、ご興味がありましたらこちらの入り口からぜひ。

scrapbox.io

 

2日目も私の記事の予定です。

雑談する専用のSlackと、その子分のDiscordを紹介するぜ!!

 

これは雑談Slack Advent Calendar 2020 - Adventarの14日目の記事です。
昨日はぺらねこさんのかにかまはいかにして挨拶となったのかの記事でした。
かにかまにはそんな陰謀が渦巻いていたのですね。
今回は宣伝です。

雑談Slackのアドベントカレンダーでいつも雑談Slackの「入って入ってー!」っていう宣伝してたんですが、今回は弟分の雑談discordの宣伝を行いたい塩梅です。
併せて、雑談シリーズ!そのうち雑談IRCチャンネルとかできるかもしれないけど多分いらないやつです。

 

雑談Slackは4年選手の気合が入ったやつです。『仕事サボって仕事用チャットで関係ない話くっちゃべろうぜ!!!』で始まりましたが、最近は『直接関係ない人とチャットして効率化図ろうぜ』という軟化的なカモフラージュをしています。

scrapbox.io

 

そして、SalesforceのSlack買収の報を受けてできた雑談Discord!!

こちらは色々大きくなった雑談Slackのプリミティブな部分を凝縮しています。涙も感動もありませんがボイチャはあります。どうぞひとつ。

scrapbox.io

 

内容のない宣伝文はいかがでしたか?ではどうぞお待ちしております。

 

明日はざわっちさんのやりたいことリストです。もうあります!

www.evernote.com

SalesforceがSlackを買収してしまった!雑談Slackはどうなる?

これは雑談Slack Advent Calendar 2020 - Adventarの5日目の記事です。

昨日は私のMMDとUnityの記事でした。

今回の記事はSlackの行く末についてです。

 

SlackがSalesforceに買収されました。

slack.com

この事により、Slackはビジネスソリューションの後ろ盾を得て、Salesforceは優れたチャットサービスを得ることができるわけです。

Slack無料プランを使用している我々の気になるところはSalesforceにSlackが組み込まれるなどして、無料で使えなくなることです。

しかしながらいままでのSalesforceの買収後のそれぞれのサービスのハンドリングや、今回の声明を見るに、Slackの独立性を保ったまま利用を続けられる公算が高いです。

完全に買収が終わるのが来年の7月。それまでの間に新機能が作られるでしょうが、Slackそのものが大きく変わり、使えなくなる可能性は低いでしょう。

ただし、これからコミュニティを作るのであれば、Discordを第一の候補にするほうが良いでしょう。チャンネルが全部見えてしまうのはミュートすればよいですし。

 

ということで、雑談SlackのDiscord版、雑談Discordのサーバを立ててみました。

こちらの方にご興味があれば、是非ご参加してください。

 

discord.gg

6日目の記事は.ごっちさんのemoji記事の続きです。お楽しみに!

Unityやってる人がMMDで動画を作るワケ

この記事は、雑談Slack Advent Calendar 2020の4日目に投稿されるはずだった記事です。

adventar.org


前回は私の、フルリモートになって実感していること - 雑談slackに入り浸るでした。

 

さて、今回の話はMMDことMikuMikuDanceになぜUnityを使ってコンテンツを作っている私が動画を作っているのか、というお話です。

結論から先に言えば、作り込まれている版権モノのモデルを直に使えるプラットフォームだからです。他に理由があるかー!

 

いえ、他にも。あります。
コミュニティとしてはMMDはUnityより先んじており、多数の参加者を誇るDiscordサーバがあります。UnityにもSlackコミュニティがいくつかあります。しかし、MMDのコミュニティはIRCのチャンネル時代から存在しており、コミュニティとしてはかなり年を食っているというわけです。

 

話を反らします。数年前、何人かのUnityエンジニアはMMDモデルの規約に対して、『統一されておらず使いにくい』といった主張をしました。
しかし、言ってしまえばエンジニアリングの成果物も統一されているとは言えません。全部が全部MITでもなければCCでもないからです。プロプライエタリなものに至っては何ひとつをとっても同じものではなかったのです。

 

コンピューターグラフィックスを扱う上において、UnityでもMMDでも、できることに多少の差はありますがほとんど変わりません。違うのは底にいる人々の種類だからなのであります。

 

多少意味不明だけれど、これはこれでオツなのではないか。

5日分も私です。

フルリモートになって実感していること

この記事は雑談Slackアドベントカレンダー2020年の3日目の記事です。

 

私は、ついに念願のフルリモートの生活を手に入れることができました!
しかしながら、リモートワークはいいことばかりではないのです。
わりと言い古されていることではありますが、通勤することにも、在宅で仕事をするにもそれぞれメリットデメリットがあるのです!

  1. 起きてから頭が動くまでの間隔
  2. タスクに書かれるまでの合間
  3. 襲いかかるケダモノ達
  4. 襲いかかる尿意
  5. 人恋しくならない?

 

埋めてる時間がないのでこのへんで!

明日も私です!